×
解体工事

工事の種類と特徴を知り最適な所を選ぼう

相続したものの誰も住まない家を処分したい、災害等で損壊してしまった建物を壊し新たなものを建て直したい等といった理由で解体工事業者選びをしているという人もいるのではないでしょうか。一言で解体工事といっても種類があり、依頼しようとしている業者が自身の求める種類の工事に対応しているかどうかをきちんと知るためにも、それらの種類を知る必要があります。まず、鉄筋コンクリートや鉄骨建物の解体工事等の種類です。これらの工事は都道府県ごとの解体業の届け出や建設業許可鳶土工といった資格が必要となります。具体的には建物の養生から始まり内装や重機による解体、そして基礎を撤去し整地を行うという種類の工事です。その他先述のような資格が必要な工事には木造解体などのものがあります。その他、内装に買解体や原状回復といった解体工事の種類もあります。これは店舗を閉店したりオフィスの移転の際に依頼する工事で、建物を借りた状態に戻したり破損した部分を修復したりします。

それぞれの費用相場や業者の評判も知る

解体工事業者選びの際にはそこがおおよその費用相場に対してどの程度の違いがあるかを知る必要もあります。一般的に、木造解体であればと坪単価3万円程度、鉄筋コンクリート造の建物であれば5万円程度とされています。また、内装解体の場合にはそこがどのような使われ方をされていたかという事によって相場が異なり、住宅であれば2~4万円程度、オフィスや飲食店等の商業利用であれば若干それよりも安い傾向にあります。そうした費用相場と照らし合わせる事以外にも、業者ごとに評判を確認して最終的な解体業者選びをする必要があります。評判や口コミを確認する際にはその業者の技術力に関すること以外にも担当者の対応や請求された料金が明朗で分かりやすかったか等という工事面以外の事も確認すると良いでしょう。

広告募集中